FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フットボールとハンマムが旅の軸 (2月14~24日)

無事にシリアに入国。今回は全く問題なく、通過する。
シリア入国も2度目だ。前回は急ぎ足でハマとダマスを歩いた。
大好きな国、シリア。文化の交差点であり、多くの遺跡が残る。
ただし今回、遺跡は二の次である。
最優先はフットボールとハンマムだ。
それに南部のモザイク見学が加わったのが僕のシリアの旅となる。


バールベックから北東へ。カーア国境行きミニバスに乗り込む。
国境では数分でビザを取得。ヨルダン国境の緊張感が嘘のようだ。
出口に泊まっているミニバスに乗り、ホムスの町へ出る。
このルート、シリアからは直通乗合タクシーがあるが逆はない。
ただし、料金は1/3以下になる。ちょっとうれしい。
親切なレバノン人青年に世話になり、無事ハマに着く。

2003年に来た時大好きだったハマではあるが、今回は少々違う。
雨が降っていて寒いし、見所の水車も回っていない。
水車に着いている藻もすっかり落とされ、風情もない。
ということで、まあ、書けるのはハンマムのことくらいになる。
前回は行かなかった旧市街にあるハンマム・マラトマン。
ひっそりとした旧市街に雨が似あう。石を濡らし、香りがあがる。
男女入れ替わりで使うので、僕が向かったのは夕方。闇と雨。
人が良いことで知られるシリア人であるから、皆親切だ。
腰巻だけして入る。スチーム室で体を温め、お湯を掬ってかぶる。
おっちゃんに呼ばれマッサージを受ける。久しぶりの垢すり。
どうだ~と見せられる垢すりグローブには大量の垢がついている。
身体も洗い、すっきりして待合室へ。体中にタオルを巻かれる。
そのまま身体が渇き汗がひくまでチャイをすすってのんびりする。
少々のぼせ気味だから、その時間が嫌に心地いい。
01 ハマ

トコロは首都ダマスカスに移る。ここでもハンマムに行く。
旧市街にいくつかある中で僕が選んだのは、ヌールッディーン。
1180年開業の由緒あるハンマムらしい。
もっと古いものもあるが、“由緒”という言葉に引かれて選ぶ。
確かに綺麗だった。サービスも素晴らしいし。ちょっと高いけど。
ハマで垢すりとマッサージをしたばかりなので、今回は何もなし。
自由にお湯を掬い、温まり、泡だらけになって体を洗う。
サービスなしもマイペースでなかなかいい。

北部の中心都市・アレッポでももちろんハンマムには行く。
ガイドブックの情報と入れる時間が違って2時間ほど待たされる。
ただ、この町はなかなかに見所があるので町を歩く。
アレッポ城、バザールを中心に、歩いて楽しい町である。
ハンマム・バブ・アハマルにはプールがある。
『歩き方』の特集記事に着いているプールはここにあるのだ。
ただし温いし汚い。久しぶりにお湯(ぬるま湯)に浸かれるが…。
そうは言ってもハンマムはハンマム。スチームとお湯で温まれる。

そしてもう1つ、フットボールである。
To君と彼女のChさんと一緒にJaish vs Karamaを見に行く。
名門Jaishが現在首位のKaramaをむかえる大事な1戦。
なかなかの盛り上がりで、スタジアムもこの国にしてはいい。
試合はPKの1-0でホームのJaishの勝利。
不可解な判定でアウェイサポーターが会場外で暴れる。
すぐに景観に押さえられ申請化するのはさすがにシリアである。
ただそれを写真に撮っていて警官の尋問を受けて、少々ビビる。
07 シリア南部 08 シリア南部 09 シリア南部

さてと、ハンマムとフットボール以外のことも少々。
ダマスカスからシリア南部へ日帰りで行ってみる。
目的地はスウェイダーとシャハバである。
スウェイダーの見所は何と言っても博物館。
ここにはアルテミス、ヴィーナス、バッカスのモザイクがある。
かなり大きいし、予想以上に美しく、大満足。
01 シリア南部 02 シリア南部 03 シリア南部
それ以上に興味深かったのがシャハバだ。
この町は現存するドルーズ教徒の町。
イスラム教シーア派の、更にイスマイール派の流れである。
女性の民族衣装は独特であり、町には神殿やローマ劇場も残る。
06 シリア南部
モザイクの発見された所がそのままモザイク博物館になっている。
確かに動かし難い大作である。
入口のバッカス(酒神ディオニソス)は小型だが、その他は大きい。
04 シリア南部
テティスはアキレウスの母であり、最強の子宮を持つ女神だ。
“父より強い子を産む”子宮で、ゼウスが諦めたと伝えられる。
そして、美と愛の女神アフロディーテと軍神アレスの愛。
05 シリア南部
ローマ神話ではヴィーナスとマルス(何故か説明はギリシア名)だ。
アフロディーテの夫は鍛冶の神ヘパイストスだから、不倫愛だ。
このヘパイストスはもっとも醜い神とされているから仕方ない?
ま、ギリシアでは美と愛の女神は不倫をするんだよね。

さてと、これでシリアのメイン街道のブログは終了。
レバノンがレベル高すぎたので少々トーンダウンの感ありです。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

くらっくぽっと

Author:くらっくぽっと
僕の”CRACK”が
あなたにとっての
”crack”になりますように・・・

YAHOO!検索

Yahoo! JAPAN

あなたの天気予報
ブログ内検索
リンク
最近の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。