FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Source du Nil (10月27,28日)

ブルンジである。東~中央アフリカの小国である。
観光資源のない国なのだが、この国から始まる大きなモノがある。
世界最長の川である。ブルンジからナイル川が始まるのだ。


ブルンジNo.1の観光名所とは、ナイルの源流である。
ナイル川は全長6735km。その0kmがブルンジの山の中だ。
宿からタクシーモト(バイクタクシー)に乗り、ムサガへ。
源流へミニバスで行く外国人は稀なのだろう。囲まれる。
キルンジ(ブルンジ語)で挨拶しようものなら、更に集まる。
皆、我こそはと僕の意向を聞いて助けようとしてくれる。
質問に答えるだけで、ミニバスの助手席に落ち着いてしまう。

道はいい。タンザニア・キゴマ間の道は悪かったが、ココはいい。
ブルンジは山国なのだ。首都は800mくらいしかないけれど。
標高2500mくらいまで登り、降りる。これを繰り返すこと3時間。
駐車場のようなスペースがある所で降ろされる。目的地だ。
ガイドが寄ってくる。案内してくれるようだ。草むらへ下る。
川はない。周辺の国名の書いたプレートがいくつかあるだけだ。
白いコンクリートから塩ビパイプが延び、そこから水が出ている。
コレがナイルの源流らしい。源流の水は塩ビパイプから出てくる。
その水は洗濯物の上へ。トウモロコシ畑の方へ。草で水は見えない。
量からして、地中に再度入っているような気がする。ムムム…。
ウーム。期待はしていなかったけど、まあ、こんなモノか。

一応、国際的にここが源流とされているらしい。
“源流の出口”を来た道へ登り、その上の丘にピラミッドがある。
「おお、これが最南端のピラミッド!」…のわけはない。
源流の標識のようなものだ。ラテン語でこう刻まれている。
『 Sunt Nomina Nili 』これは、Source of Nileという意味だ。
フランスが建てたらしいので、看板はフランス語(ブログの題参照)。
流れていくにつれて変わる川及び湖の名前が記されている。
KASUMO → MUKASENYI → KIGIRA
→ LUVIRONZA → RUVUBU (以上、ブルンジ)
→ KAGERA(ルワンダ) → LAC VICTRIA (タンザニア)
→ VICTRIA NILE(ウガンダ) → LAC KYOGA (ケニア)
→ MWITA NZIGECLA(エチオピア)
→ BAHR EL GEREL(スーダン)
→ KIR BAHR EL ABIAD NILE(エジプト)
ホントにラテン語なのかはちょっと疑わしいのだが、こんな感じ。
まあ、こういうものを作られると、源流なんだなって気もする。
このギキジ村の丘付近から地表に出た湧水を源流とする、のだ。

丘の上に登り、美しい山々を眺めながらぼーっと考える。
まだ見たことはないのだけれど、雄大で広大であろうナイル川。
その源流は、秒速30ccの湧水。これはどう捉えるべきか。
源流というのはただの始まりであり、すべての源ではない。
ココからの水が、その他たくさんの川と出会い、ナイルとなる。
源流というのは1つではないのではない。間違いないだろう。
多くの滴が寄り集まり、大きなモノが形作られていく。
これが、ココ、ナイルの源流に来て改めて感じることだ。

これが、ブルンジ一の観光名所。
他にもあるだろうが、国際的にはコレなのだろう。
タンガニーカ湖はあまりきれいではない。ビーチも少ない。
1.5時間かけて2つしかないビーチの一つ、レシャへと行く。
波が荒い。ちょうど、天気も崩れてくる。
海の上にせり出すバンガローでミルクティを飲むも、体が冷える。
波が打ちつけるたびに揺れる。あまり長居する気にはならない。
レシャ村を歩いているとき、子供が僕を見て泣き出す。
笑う母親。黒人以外を見たことがないのだろう。
僕の髭はかなり伸びているので、余計に怖かったかもしれない。
ブルンジ一番の見所は、こんな素朴なことではないか。

ルワンダビザが取れたので、その日のうちに国境へ向かうことに。
宿の衛生状態や電気の安定性に問題があるので、長居はいやだ。
さらば、ブルンジ。きっと、もう来ることはないだろう。
ただ、一度来てみる価値はあるのかもしれない。
いや、どうだろう。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

くらっくぽっと

Author:くらっくぽっと
僕の”CRACK”が
あなたにとっての
”crack”になりますように・・・

YAHOO!検索

Yahoo! JAPAN

あなたの天気予報
ブログ内検索
リンク
最近の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。