FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フットボール三昧 (3月4日~28日)

いつの間にか、3月。もう、南半球の夏も終わりです。
ウシュアイアはもちろんだし、パタゴニア全体、夏でも寒い。
そういうわけでは夏ってなかったなあ…いや、BsAsは暑かった。
BsAs(ブエノス・アイレス)へはウシュアイアからバスで60hr以上。
そんなにバス好きではありません。オラっと飛んで戻ります。
今回のBsAsは夏真っ盛りではなく、フットボール三昧なのだ。


木曜日にBsAsに戻りたい。金曜日からリーグが始まるからだ。
と思っていたのだが、実際、この週は土・日・月開催であった。
1週間前にならないと試合開始日時がわからない。この国らしい。
土曜日からといっても、チケットの手配で、てんてこ舞い。
土曜のボカ対ラシンは当日朝からチケット販売なのに、
日曜のインディペンディエンテ対リーベルは金曜日から。
こんなの統一すればいいはずだが、それもアルゼンチン、なのだ。

ということで、アルゼンチンリーグ観戦1試合目はボカ戦である。
01 ブエノス2 02 ブエノス2 03 ブエノス2
スタジアムは、ボンボネーラ。ボカのホームスタジアム。
アルゼンチンで最も多くのファンを抱えるチームである。
昨日はちょっとびくびくしながらチケットを買うために並んだ。
ボンボネーラのあるボカ地区はかなり治安が悪い地帯なのだ。
チケット買いに行って血だらけになった人もいるらしい。
メイン以外を歩かなければおそらく大丈夫なのだが、緊張する。
何も知らずに遠回りしたのも、後から考えればいい思い出だ。
僕が買ったのはゴール裏の3階席。1,2階にインチアーダがいる。
インチアーダとは公認応援団であり、ソシオはチームの会員、
インチャと言うと日本でいうサポーターという位置づけらしい。
ちなみにスタジアムをカンチャという。
とにかく、下の階が試合前から人で溢れ、皆で歌っている。
アルゼンチンまでにヨーロッパで4試合、メキシコで2試合、
南米に入ってから7試合見てきたが、こんなのは初めてだ。
盛り上がり方が違うのだ。観客席が1つの見所になるくらい。
皆でお決まりの歌を歌う。その一体感が凄い。さすが、ボカ。
とはいえ、試合はボカの逆転負け。現在のボカは弱いのだ。
リケルメはさすがに個性的で、彼が触れると何かが起こる予感。
でもそれだけ。彼は守備をしない。ボカも呆気なく敗れた。
今回の旅でこれが14戦目。実は応援したチーム、初敗北であった。
それがボカとは…。なんとも残念な結果である。
ただしインチャは怒る素振りも見せない。試合が終わっても歌う。
衝突を避けるためにアウェイから会場するためにすぐに出れない。
だからホームのインチャは歌う。試合などなかったかのように。

第2戦目はインディペンディエンテ(C.A.I.)対リーベル。
04 ブエノス2 05 ブエノス2 06 ブエノス2
両チームとも、アルゼンチン5大ビッククラブの1つである。
昨日のボカもラシンもそうであるから、2試合で4チームを観戦。
それも、C.A.I.は自分のユニフォームを作ったことがあるチームだ。
大学のサッカー部仲間と作ったチームのユニフォームのベースだ。
当時は布に近い生地だったが、まあ10年前の話である。
そんなわけで、C.A.I.には思い入れがあったりするのである。
BsAsからちょっと飛びだして、すぐ隣のアベジャネーダ市へ。
カンチャは新しい。すぐ横にライバル・ラシンの新カンチャもある。
負けじと作ったのだろうか。まだ完成してはいないが試合はやる。
アベジャネーダも治安面では心配なところである。
カンチャまで歩く際も騒ぐインチャを警官が棒で殴りつけた。
それに向かって他のインチャが爆竹を投げたから騒然とする。
僕は全速力で走って逃げる。関わったら何があるかわからない。
2戦目も興奮と期待は弱まらない。1戦目と同じくらいの期待感。
現在のC.A.I.は体力重視のチームである。全然当たり負けしない。
ガンガン走り、パスを拾うようなフットボール。
元気のないリーベルは何もできない。結局2-0でC.A.I.の勝利。
今回はゴール裏1階席。2階にはリーベルインチャがいた。
ヤツら、負けそうになって唾を飛ばしてくる。ピチャッとくる。
その1つが僕の右肩に。臭い。これがあまりに臭い。
お前、何食ってるのだ。たかが唾でもこれだけ臭けりゃたまらん。
今回もなかなかカンチャから出れない。人混みの中で待ちぼうけ。
それも、路線バスが止まらない。僕らの前を素通りする。何故?
どうもゲームの帰りのインチャを乗せるのはバスも嫌がるらしい。
次のバスは止まったからイイが…。ここで放置されるのは嫌だ。

3日連続3戦目。月曜日はサン・ロレンソ対チャカリータだ。
07 ブエノス2 08 ブエノス2 09 ブエノス2
サン・ロレンソは残る5大ビッククラブの1つである。
日本旅館のTさんご贔屓のチームである。一緒に行くので心強い。
今回は当日券を買う。なんと、30ペソ(約700円)。女性は25ペソ。
ボカが90ペソ、C.A.Iが70ペソだったのに。
これが通常の値段らしい。だから皆が毎週来れるのだ。
ちなみにインチアーダは公認だからチケットを買う必要がない。
でも、彼らはソシオになり金を払う。チームを愛しているから。
アルゼンチンのフットボールを支えているのは間違いなく彼らだ。
試合前恒例のインチアーダライブがスタンド外で。廻りを囲む。
そろそろインチャが歌う歌も覚えてきた頃。わかるとこだけ歌う。
ほとんどの歌はサン・ロレンソが作り、他に派生したものらしい。
本家の歌はやはり素晴らしい。それも跳ねるから、揺れる揺れる。
頑丈そうに見えるコンクリートが、である。
コンクリートが曲がるのは知っていた。でも実感したのは初めてだ。
3-1でサン・ロレンソの勝利。3連戦の最後に相応しい勝利だ。

実は4日連続4試合目も観戦。しかしウルグアイで、である。
10 ブエノス2 11 ブエノス2
火曜日にコパ・リベルタドーレスが行われる。それに合わせたのだ。
有名なペニャロールではなく、ウルグアイのラシンがホーム。
パラグアイのセロ・ポルテーニョを迎えての試合である。
スタジアムはセンテナリオ。第1回W杯のメイン会場である。
歴史的スタジアムでの観戦に感慨深いが、何せ人が入らない。
入場料は550円だというのに。ウルグアイリーグは…なのだ。

ウルグアイ滞在の後、週末はまたアルゼンチンリーグ。
今回はラ・プラタ市のエストゥディアンテス対ニューウェールズ。
12 ブエノス2 13 ブエノス2 14 ブエノス2
エストゥディアンテスはベーロンがいるチームで、現在最強。
前年度の南米チャンピオンで、クラブW杯でもバルセロナに善戦。
ウルグアイから戻ってきた足でラ・プラタへ。そこで衝撃!
現在はカンチャ改修中でキルメスにあるカンチャでやるという。
キルメスは日本旅館から日帰り可能である。ということで、戻る。
仕切り直してスタジアムへ。だが、当日券が買えないのだ。
販売はラ・プラタのみ、人気もあるし、ダフ屋もいない。
それでも何とかなるもんである。ソシオと一緒に入ればいいのだ。
どうも、ソシオは1人だけ連れて入ることができるらしい。
僕は後で彼らにお金を払う。それでも1200円でOK。
振返ってみて、この試合が最もレベルが高かった気がする。
ニューウェールズもガンガン来るし、エストゥディアンテスも強い。
その中でもベーロンのパスセンスは飛びぬけている。すさまじい。
まさかこんな所に、というズバッとパスが通る。歓声が上がる。
2-0でエストゥディアンテスの勝利。勝利の余韻を楽しみつつ帰る。
カンチャは小さいけれど、BsAs市内から22番のバスで1本。
会場への入り方さえ知っていれば、日帰りも可能なのがうれしい。

観戦疲れとでもいうのだろうか。少々テンションが落ち始める。
それもそうだろう、ここまで8日で5試合見に行っている。
週3日のリーグ戦にコパ(カップ)を加え、それもウルグアイまでも。
とはいえ、今日は日曜日。それもリーベルのホームゲーム。
おそらくBsAsでも最大のカンチャ、モヌメンタルで行われる。
こういう時にやはり一緒に行きましょうという連れができるもの。
そしたら重い腰があがる。いやいや、重くないような気もする。
なんとなく、きっかけや理由が欲しいだけだったような。
BsAsは市バス網が発達しているため、ここへもバスで1本。
でかいカンチャである。さすがはボカと人気を二分するチーム。
旅で会うアルゼンチン人にご贔屓チームを聞くと、ボカより多い。
前回アウェイを見て、こりゃダメだと思ったが、さて今回は…。
今回もゴール裏に陣取る。当日券が買えずにダフ屋から購入。
怪しい奴だったので改札まで同行して本物であることを確認。
中に入ると殺風景。この国のカンチャにはあまりモノがない。
最大のカンチャでさえコレかあ。ま、ホットドックでも食べよ。
さて、“冷たい”と聞いていたリーベルのインチャだが、ナンノ。
ゴール裏の盛り上がりは凄い。おそらく唾はメチャ臭いだろうが。
ただしチームが弱過ぎてインチャが少ない。全然席が埋ってない。
それなのに当日券がないとは、ソシオこそが来てないとうことか。
チームの中心はガジャルド。往年のゲームメーカーである。
今はそれほどいいパフォーマンスができないが、中心選手なのだ。
現在のフットボールでは、得てしてこういうチームは弱い。
この試合も相手が弱小のウラカンだったから、何とか勝利。
確かにこの前よりは良かったが、強いとは言い難いチームだ。
15 ブエノス2 16 ブエノス2 17 ブエノス2

2日後の火曜日にもコパがあったのだが、さすがにバテて行かず。
金曜日はBsAs近郊で試合がなかったので、土曜日が次戦となる。
どれに行こうか考えたが、アルヘンティノス対ティグレを選択。
我ながらなかなか渋い。両方とも規模の小さなクラブである。
ただしT君曰くアルヘンティノスのフットボールが面白いらしい。
ビッククラブだけではつまらないからね。こういうのもいい。
とまあ、それでもカンチャに行ったときはびっくりした。
余りにも小さいのだ。住宅街のある1区画にある、カンチャ。
なんと、狭過ぎてゴール裏席を2つ作れないのである。
アウェイファンはバックスタンドにいる。キルメスより小さい。
そのカンチャの名前は、『ディエゴ・アルマンド・マラドーナ』。
アルヘンティノスはマラドーナがデビューしたクラブなのである。
1つしかないゴール裏通路には歴代選手の名前タイルとマラドーナ。
マラドーナを輩出したクラブ、それだけでも素晴らしい。
彼の人気は絶大。世界一というより、世界唯一のプレーヤーだ。
彼しかできないであろうプレーが存在するのだから。
そのアルヘンティノス、余裕で勝てそうだったがGKがチョンボ。
ペナルティエリア外でハンド、退場。1点しか取ってないのに。
そのFKは決まらなかったが、案の定、同点ゴールを許す。
それでも何とか逃げ切った。ファンは少ないけれども、熱い。
こんな試合もいいもんだ。
18 ブエノス2 20 ブエノス2 21 ブエノス2

余りにも長くなるので、エストゥディアンテス2試合+1は…
エストゥディアンテスのカップ戦は待ち合わせたソシオ君おらず、
なんとか他をあたって見ることができた。
相手はボリビアチャンピオンだが余裕の勝利である。
週末は団体で。ソシオ4人を探しだしたが、他3人とはぐれる。
いるところがわかったが声が届かず。それでも試合後合流。
なんとか一緒に帰ることができた。
他3人は初めての観戦。それで夜中にキルメスで放り出すのは…。
なんとか合流できてよかった。試合中も気が気でなかったのだ。
さて、もう1試合は改めて取り上げる。

週末になって土曜日にラシン対ニューウェールズ。
22 ブエノス2 24 ブエノス2
ラシンのカンチャへ。これで5大クラブすべてのカンチャで観戦。
コンプリート魂はあまりないのだが、フットボールは別だ。
それにこのラシンのカンチャは、見やすいし綺麗だし大きいし。
最も好きなカンチャかもしれない。ボンボネーラもいいけどね。
インチャも優しい。チケット購入に戸惑うと親切にしてくれる。
現在中位なので、このカンチャがいっぱいにはならないが熱い。
満員でないなんて関係ないくらい熱い。スタンドは揺れる。
この大きさなのに揺れるのだ。暑い日中開催なのに頑張る。
試合前には紙吹雪が乱れ飛ぶ。水色のチームカラーが舞う。
ニューウェールズは強いのだがさすがホーム、1点を守りきる。
アベジャネーダにあるチームだが、BsAs滞在ならココかなと。
ラシンのソシオになるかもしれない、そう思ったりもする。

最後は、アルセナル対サン・ロレンソ。初のアウェイ応援だ。
25 ブエノス2
管理人のTさんが友人の車で行くというので連れてってもらう。
ここもBsAs郊外であり、カンチャはやはりボロイ。
といってもゴール裏が2つあるだけましかもしれない。
開始1時間前に到着。サン・ロレンソのインチャが集まり始める。
けれど、アルセナル側は全然いない。さすが、まだ来ないのか。
本戦前には下部組織の試合が行われている。
間もなく、試合開始。それでもアルセナル側は人で埋まらない。
贔屓目に見ても、サン・ロレンソのインチャの1/3程ではないか。
とはいえ、サン・ロレンソ、為すすべなく負ける。おいおい。
負けた後のインチャは暗い。なにせ、内容が悪すぎるのだ。
覇気は欲しい。ホームより多く駆けつけるインチャに失礼だ。

これで応援したチーム2敗目である。通算19勝2敗3分け。
23日で12戦観戦。それもウルグアイへの移動も含む、
試合が合って見に行かなかった日は3日のみ。1日はタンゴへ。
ほとんどバカである。ただし、フットボール・バカであるが。
アルゼンチン&ウルグアイに限っては9勝2敗1分け、勝率75%。
通算でも同勝率。負率はたったの8%。
これはなかなか凄いのではないか? それだけに今日の負けが残念。
たまには負けたインチャの気分に浸るのもいいかもしれない。
弱い時期を経験して初めて、真のインチャになれる気もする。

とにかくすごいアルゼンチン・リーグ。
文化という意味では世界でも3本の指に入るのではないかと思う。
この長い文章でも書ききれない何かが、奥底に沸騰している。
今回飛ばした1試合、それはスーペル・クラシコである。
これは次回に。
確かに、この試合こそがクラシコの中でもNO.1、スーぺルである。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

くらっくぽっと

Author:くらっくぽっと
僕の”CRACK”が
あなたにとっての
”crack”になりますように・・・

YAHOO!検索

Yahoo! JAPAN

あなたの天気予報
ブログ内検索
リンク
最近の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。