FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リマでの休息 (10月10~13日)

チャチャポヤス出発は南部の中心地レイメバンバから。
朝6時にバス乗車、セレンディン乗換、カハマルカにも泊まらず、
カハバンバという町まで更に4時間。村祭りに参加。
もう一度カハマルカに戻ってリマ行きのバスは20時間かかった。
オラオラっと進んできたペルー前半戦、心身ともに疲れがピーク。
入国から約1ヶ月後に辿り着いた首都リマは休息の地である。

チャチャから直通バスを使えば22時間でリマなのだが、
カハマルカ近郊のカハバンバで祭り&闘牛があることを知った。
祭りと聞けば、行くしかない。
実際、ほのぼのしていて町の市場も面白く、闘牛もすごかった。
けれど1-2泊での移動の繰返しは体力的より精神的に疲労する。
リマに着いたとき、観光なんて、僕はまったくしたくなかった。

日本人バックパッカーの定宿に到着。知ってる顔に遭遇。
久しぶりの日本語。疲れた心身には何よりの栄養である。
外に出るのは腹が減った時とお金をおろす時。
夕食は買い出しも人任せ。皆で作ったパスタがうまい。

リマに来てやるべきことの第一はハードディスクを買うことだ。
これも先着の友人に連れてってもらい122ドルの安値で購入。
“息抜き”用データもいろいろもらい、写真もバックアップ。
転送速度が遅いので時間がかかり、なんとなく仕事した気になる。

ま、今日は博物館へ行くかあ。3日目にして観光に出かける。
目的地はチャンカイ文化に魅せられた天野芳太郎氏の天野博物館。
とはいえ、天野氏の意向でツアーに限られる見学時間は1時間。
それ以上は集中力が落ちるからという。その意見には賛成だ。
ただし、もっと見たかった。コレクションは素晴らしい。
チャンカイの織物の色彩は美しい。2000年前なのにこの鮮やかさ。
リマ周辺の特殊な気候がその原因らしいがにわかに信じられない。
1mm程に細く紡まれた糸。その紡ぎ方は解明されていない。
綿を薄く平面に伸ばし、細かい櫛をかけ、その後に紡いだのでは?
僕はそう予想する。
ということで今日の観光1時間だけ。夕食は中華。リマはうまい。
腹がいっぱいになったらネットしに行く気もなくなり、ホテルへ。

今日は昨日食べられなかった沖縄そばを食べよう。
10ソル(約320円)の価値がある味と量。大満足。
バスチケットとサンダルも購入したし、今日もいい一日だ。

あ、サンフランシスコ教会・修道院の地下カタコンベ…。
リマ最大の見所に行き忘れた。
……ま、いいや。また来るだろうし。

ということで、ブログに載せるような写真もなし。
そんな、リマ、でした。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

くらっくぽっと

Author:くらっくぽっと
僕の”CRACK”が
あなたにとっての
”crack”になりますように・・・

YAHOO!検索

Yahoo! JAPAN

あなたの天気予報
ブログ内検索
リンク
最近の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。