スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷河に乗って…、ゲキトツ部 (2月26日~3月4日)

世界最南端の町である。このブログも、とうとうクライマックス。
というのは冗談で、僕が旅を終えるまで続きます、たぶん。
南米を長く旅している人でも飛ばす人もいる、このウシュアイア。
何かがあるわけでもない。遠いし、最南端の村は別にあるし。
いやいや、行くべきですよ。ウシュアイア・レポート、である。


more...

スポンサーサイト

ペンギンは海中を飛ぶ鳥である (2月24,25日)

パタゴニアの大一番、パイネトレッキングが終わってしまった。
パイネからプエルト・ナタレスの村に戻り、夕方のバスで次の町へ。
プンタ・アレーナスである。
この町も街中に見所というものがない。ではなぜここを訪れるか?
それはペンギン観光の基地だからだ。
今回は世界最南端の町ウシュアイアでのペンギン観察も兼ねる。
このブログ、始まって以来の2町コラボである。


more...

“山”はパイネのために (2月18~24日)

氷河を見終わり、メインイベントが終わったと思うことなかれ。
パタゴニアは氷河だけでない。氷河が造ったモノが、も1つある。
氷河によって削られた、奇形ともいえる、美しい山々である。
中でもトレッカーの憧れとも言われるところが、パイネである。
パイネを歩かずしてパタゴニアを堪能したと言うなかれ。
パタゴニアの、僕の、メインイベントが始まる。


more...

“青”を見に行く(2月16,17日)

俗に『カラファテ』と呼ばれる町。正式名称は、エル・カラファテ。
エルは英語のTheと同意で、カラファテはある木の名前である。
おそらくパタゴニアに来る人のほとんどすべてが訪れる町だろう。
なぜか?
それは、ココに世界でも名高い氷河があるからに他ならない。


more...

振り向いてしまう山がある (2月14,15日)

バリローチェはパタゴニア地方と言っても、最北部であった。
十分美しいところなのだが、パタゴニアっぽくはないそうだ。
パタゴニアっぽいって何? パタゴニアの象徴って何?
“パタゴニア”のゲートシティ、エル・チャルテンまでは
ズバババッと延びるルート40を35時間南下せねばならない。
直行バスとしてはこの旅最長になる35時間の移動の後に…。

more...

プロフィール

Author:くらっくぽっと
僕の”CRACK”が
あなたにとっての
”crack”になりますように・・・

YAHOO!検索

Yahoo! JAPAN

あなたの天気予報
ブログ内検索
リンク
最近の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。