スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドコがアレだか、わからない (1月23~25日)

前回の記事で2度目のボリビア入国から出発までを綴ったが、
ボリビアの戻ってきた最大の目的は、雨季のウユニ塩湖である。
12月上旬に訪れた時は雨が全く降っておらず、ほぼ乾季の状態。
砂嵐のために茶色くなって残念だったところも、正直、あった。
今回は“鏡張り”を見るため、雨待ちも辞さない気で、ウユニ入り。

more...

スポンサーサイト

ボリビアはやはり凄い (1月18~29日)

イグアス日本人居住区を出発。
アスンシオン経由でボリビアのサンタクルス抜けルートを選択。
アスンシオンへは居住区前からうまく大型バスに乗れて問題なし。
されど、サンタクルスへは鬼門である。なかなか大変らしい。
そしてボリビア。雨季のボリビアは更に厳しい。
2度目のボリビア入国。ボリビアでの日々がやってくる。

more...

イースター島に完敗! (12月10~17日)

待ちに待っていたイースター島。
“南米で最もよかった場所”に挙げる人もいるモアイのある島。
大陸から3700km、西のタヒチからも4000mの距離がある孤島。
かなり期待していた場所であるのだが、結果は…。
ということで、今回の記事の題名、変換間違いではありません。
“乾杯!”じゃなくて、“完敗!”なのだ。

more...

それでも空は… (12月5~9日)

ウユニを挟んだけれど、ブログはチリのカラマまで進んでいる。
チュキカマタのカラマを出て向かったのはラ・セレナという町。
ほとんどの人がブッ飛ばして行くチリ北部でまたも寄り道。
この町の近郊には美味しい魚とピスコ工場と天文観測所がある。
なかなかに興味を惹かれる町なのだ。けれど…。

more...

ウユニの満月 (12月1,2日)

ウユニ塩湖は南米のクライマックスである。そう言う人も多い。
南米を旅したい人・旅している人ならだれもが知っているウユニ。
乾季には真っ白でまっ平らな白の世界であり、
雨季に水が張ると大空や星空を映す“鏡張り”。
トラブルも多いという、このウユニ塩湖へのツアー。
僕のウユニ塩湖は、『サラサラと“顔”を変える世界』であった。


more...

プロフィール

Author:くらっくぽっと
僕の”CRACK”が
あなたにとっての
”crack”になりますように・・・

YAHOO!検索

Yahoo! JAPAN

あなたの天気予報
ブログ内検索
リンク
最近の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。